プレミアリーグの絶対王者に君臨していたマンチェスター・ユナイテッド。だが、近年は苦しんでおり、今季は過去30年でワーストの戦績も記録してしまった。

この現状をレジェンドのポール・スコールズも嘆いている。『Radio Five Live』でこう述べたという。

ポール・スコールズ

「彼(元CEOのデイヴィッド・ギル)とサー・アレックスが去った日から難しくなった。

デイヴィッド(・モイーズ監督)が引き継ぎ、フアン・マタとマルアヌ・フェライニを7000万ポンド(98億円)で獲得した時、すぐに警鐘が鳴らされたと思う。

2人はいい選手だ。だが、マンチェスター・ユナイテッド的な選手だとは思わない。

サー・アレックスとデイヴィッド・ギルならこういう選手を獲得したとは思わないね。

今の我々がこの位置にいるのは、ユナイテッド的じゃない選手たちと契約してきたからだ。

オレ(スールシャール監督)はいま渦中にいて、それを正しいものにしようとしている」

アレックス・ファーガソン監督とギルは2013年に退任。その後をモイーズが引き継ぎ、夏にフェライニ、冬にマタを補強した。両者の獲得はパニックバイとも評されたが、スコールズ的にはユナイテッドらしい選手だとは思っていなかったようだ。

フェライニはすでにチームを去っている一方、マタはまだ在籍しているのだが…。