プレミアリーグ3連覇を目指す、マンチェスター・シティ。第9節では敵地でクリスタル・パレスと対戦し、0-2で勝利した。

驚きだったのは、シティのスタメン。DF登録はカンセロとメンディのみで、本職のCBがひとりもいなかったのだ。

CBに怪我人が相次いでおり、指揮官はMFであるフェルナンジーニョとロドリをCBとして起用。それでも、ポゼッションで71パーセントを記録して勝ち切った。

『BBC』によれば、試合後に監督と選手たちはこう述べていたそう。

ジョゼップ・グアルディオラ

「(フェルナンジーニョとロドリのCB起用について)

我々のビルドアップが高速だったのは、彼らはよりインテリジェンスがあるからだ。

彼らのパスがよかったのは、2人がセンターミッドフィルダーだからだよ。

(急造DFについて)

ロドリはあのポジションで1日も練習していなかった。4バックはいい反応を見せたと思う」

フェルナンジーニョ

「(CBでのプレーについて)

よかったね。前半の僕らは動きをコントロールして、いかなるチャンスも許さなかった。

後半は集中力を落としてしまったが、僕らのほうがよかったし、勝利に値したよ」

急造DFラインで乗り切ったシティだが、今後はカップ戦を含めて週2試合の戦いが続くことになる。