プレミアリーグ3連覇を目指すマンチェスター・シティ。だが、今季はすでに2敗を喫しており、首位リヴァプールとの勝点差は8ポイントある。

そうした中、シティMFロドリが優勝を争うライバルであるリヴァプールについて語った。『Guardian』によれば、こう述べたという。

ロドリ(マンチェスター・シティMF)

「リヴァプールはカウンターのチームだと思われている。

でも、彼らは支配するし、セットプレーから得点を奪うし、攻撃のメカニズムはうまく機能している。多様性があるんだ。

クロップのチームはタフであり、フィジカルだよ。

彼らは獣のようにやってくる。ナイフのようさ。ひとつに襲い掛かったら次に行く。

でも、どんなチームにも悪い時期がある。(もしリヴァプールがそうなるなら)僕らはそこにいなきゃいけない」

リヴァプールはカウンターだけのチームではなく、動物が襲ってくるような怖さを持っていると説明。そのうえで、必ず調子の悪い時期もくるはずと述べていたそう。