2019-20シーズンはドイツ2部で戦うシュトゥットガルト。リーグはここまで9節を消化して2位と、スタートダッシュに成功した。

シュトゥットガルトには、ベルギー1部シント=トロイデンから期限付き移籍で日本代表MF遠藤航が所属。しかし、残念ながらここまでは出場機会を得られていない。

クラブはPumaとのパートナーシップが終了し、今季からはJakoとテクニカルスポンサー契約を締結。その第1弾となるキットはユニークなデザインも登場した。

VfB Stuttgart 2019-20 Jako Home

シュトゥットガルト 2019-20 Jako ユニフォーム

キットサプライヤーにJakoを迎え入れた第1弾のユニフォーム。ホームは余分な装飾を省いたオーソドックスなデザインだが、シュトゥットガルトらしい一着に仕上げている。昨季は31年ぶりに胸中央に付いたエンブレムだが、今季は左胸に位置を戻した。

シュトゥットガルト 2019-20 Jako ユニフォーム

レッドのボーダーで一巻きするようなスタイルは、新サプライヤーでも継承となった。そのボーダー部分は軽くグラデーションを施しているのが特徴。

シュトゥットガルト 2019-20 Jako ユニフォーム

首元の内側にはクラブのスローガン“Wir werden immer zu dir steh'n | Für immer VfB!”をプリント。

シュトゥットガルト 2019-20 Jako ユニフォーム

パンツとソックスもホワイトを基調としたデザインで、コンプリートルックは全身同色に。全体的な雰囲気は、かなりクラシックな印象を受ける。