2015年からリヴァプールを指揮するユルゲン・クロップ監督。

ドルトムントでも情熱的なチーム作りを敢行した同氏は、レアル・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドの監督になる可能性もあったという。だが、ある理由でそれを断っていたとか。

『Mirror』によれば、元リヴァプールFWロビー・ファウラーがこう述べたそう。

ロビー・ファウラー(元リヴァプールFW)

「数年前、自分は彼にインタビューをした。

ドルトムントを去った後、いくつかの超リッチなクラブからの誘いを断ったことを明かしたんだ。

そのひとつは間違いなくマンチェスター・ユナイテッドだ。もうひとつは、レアル・マドリーだろう。

両クラブが商業的な影響にのみ注力している様を彼は嫌っていたからね。

彼はリヴァプールが好きだと言っていた。

その理由は、トップに達するために必要な資金と、クラブとファンたちの歴史とアイデンティティとのバランスがとれているからだとね」

クロップは商業面に注力している2クラブを嫌っていたために監督就任を固辞したという。あくまでもファウラーの持論のようだが…。