昨季のUEFAチャンピオンズリーグでクラブ史上初の準優勝に輝いたトッテナム。だが、今季は苦しい戦いを強いられている。

また、ブライトン戦では守護神ウーゴ・ロリスがショッキングな怪我を負ってしまった。

左ひじが逆方向に折れ曲がっている…。負傷交代となったロリスは左ひじの脱臼と診断。

『Sky Sports』によれば、手術の必要はなさそうだというものの、復帰するのは早くても年明け1月以降になる見込み。年内復帰は絶望的となったようだ。