サッカーファンにはお馴染み、SEGAの人気ゲーム「サカつく」シリーズ。

自身が創設したサッカークラブの代表に就任し、クラブ運営や試合采配などを行いながら世界最強を目指すクラブ運営シミュレーションゲーム「プロサッカークラブをつくろう!」として、1996年2月に第1作目が登場。以降様々なプラットフォームで多くのシリーズ作が発売されている。

現在はスマホ向けのゲームアプリ『サカつく ロード・トゥ・ワールド(サカつくRTW)』が配信中。いつでもどこでも楽しめる同作も人気となっている。

だが、そんな時代だからこそ改めて問いたい。

「サカつく」とは何なのか?

Jリーグには2019年現在、55クラブが加盟している。1993年にスタートした際は10だったチーム数は四半世紀を経て5倍以上になったが、各クラブの道筋には、一つとして同じものはなかった。

そこで今回Qolyは、今現在「サカつく」のようにJリーグを目指してサッカークラブを運営している人たちを直撃!

サカつくプレゼンツの企画として「リアルサカつくチーム」を紹介していきたい。

サカつく×いわきFC 大倉智社長インタビュー

第一弾は、福島県いわき市をホームとする「いわきFC」。

現在東北1部リーグで首位を走る彼らは、天皇杯でJクラブを破るなどピッチ上でのパフォーマンスに加え、フィジカル強化に積極的に取り組むチームコンセプトでも話題だ。

『スポーツを通じて、いわき市を東北一の都市にする』というミッションを掲げる同クラブ。その代表を務める大倉智氏(下写真・左)に、「サカつく」のプロデューサーである宮崎伸周氏(同・右)とともに話を聞いた。

サカつく×いわきFC 大倉智社長インタビュー

(取材日:2019年8月28日)