EURO2016とワールドカップ2018の出場を逃したオランダ代表。

だが、確かな復調を見せており、EURO2020予選ではドイツ相手に2-4の勝利をもぎ取った。

キャプテンのフィルヒル・ファンダイクは圧巻のスーパーヘッドから得点に絡むプレーを披露している(動画2分~)。

ノイアーを襲ったヘディングシュートは強烈!(再生はYoutube上で)

『BILD』によれば、そのファンダイクが賞賛したドイツ選手がいたそう。

フィルヒル・ファンダイク(オランダ代表DF)

「(DFニクラス・)ジューレの成長をずっと見てきた。

彼とは何度も対戦してきたし、とても才能あるディフェンダーだよ。

ジューレには素晴らしい未来がある。ビッグクラブでプレーしているし、すでに地位も固めている。

バイエルンはUEFAチャンピオンズリーグ優勝を争うライバルだ。

彼らはいい補強をしたビッグクラブだ。タイトルも獲れる」

ファンダイクが賞賛したのは、バイエルンに所属するドイツ代表DFニクラス・ジューレ。

24歳の彼はファンダイク(193cm92kg)以上の体躯(195cm97kg)を誇る。だが、上記シーンでは、ファンダイクはジューレの上からヘディングを叩きつけている…。

一方のジューレも「彼は突出したディフェンダーだ。現時点で最高だよ」とファンダイクについて称賛しているそう。