トッテナムとイングランド代表のエースとして得点を量産するハリー・ケイン。ブルガリアとのEURO予選ではハットトリックの大暴れを見せた。

ただ、プレミアリーグでのニューカッスル、アーセナル戦ではダイブのようなシーンが物議を醸した。

そうした中、本人の発言が話題になっている。『ESPN』によれば、ダイブしたことはあるのかと聞かれると、こう答えたという。

ハリー・ケイン(イングランド代表FW)

「一度もない。そうする必要がないことを願う。

自分はアーセナル戦後にあれはフィフティフィフティだったと言った。

1年前のウェンブリーで我々に対して与えられたものと似ている。

フットボールでは起こることだ。

自分は体を上手く使う選手であり、ストライカーとしてはどんなレベルでもそうしなければならない。

人にはそれぞれの意見がある。

自分はそんなことに注力していない。

自分にとって大事なのはピッチ上でベストを尽くすことで、最も重要なのは試合に勝つことだ」

Youtube上にはダイブまとめも存在するケインだが、本人は一度もしたことがないと口にしていたそう。

また、スパーズの同僚であるDFダニー・ローズも「ハリーのダイブについての議論は聞いたことがない。彼は飲み歩いたり、遊び回ったりしない。毎日居残りで両足の練習をしている」とケインのプロ意識を絶賛していたという。