トッテナム対マンチェスター・シティの同国対決となったUEFAチャンピオンズリーグの準々決勝。このほど、新トッテナム・スタジアムで1stレグが行われた。

スパーズは前半13分にVARによってPKをとられるも、GKウーゴ・ロリスがセルヒオ・アグエロのシュートを阻止。 

だが、後半にはハリー・ケインが負傷交代を余儀なくされてしまう。そうしたなか、後半33分にソン・フンミンが値千金のゴールをゲット。1-0で大事な初戦をとることに成功した。

PK失敗があったシティにとっては痛恨の敗戦。『BBC』によれば、ジョゼップ・グアルディオラ監督はこう述べていたという。

ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ監督)

「我々はチャンスを作った、PK以上のね。

試合をコントロールしていたし、相手をあまり走らせなかった。

この結果は最高ではないが、勝ち抜けるためにカムバックをしなければいけない」

「いいプレーをしていたし、試合をコントロールしていた。

PKのチャンスもあったし、いいパフォーマンスだった。

だが、これがチャンピオンズリーグであり、チャレンジだ」

「(アグエロのPK失敗について)

我々は次は決めるよ。

今からは(週末の)クリスタル・パレス戦のために準備しなければいけない。

トッテナムについて考える時間はない」

来週、エティハド・スタジアムで行われる2ndレグで準決勝に進むチームが決まる。

【関連記事】「 マンチェスター・シティが改善したいなら獲得すべき5選手」

ペップのいうカムバックはあるだろうか。