シーズンも終盤を迎えている明治安田生命J1リーグ。

2019シーズンはその特長の1つとして、来年に自国開催のオリンピックが控えているため若手が出場機会を重要視したことと、海外からの日本の市場への関心が高まっていることで、夏のマーケットが例年より活発だったことが挙げられる。

海外移籍を発端とした国内間での玉突き移籍も多かった。開幕前から選手が多く入れ替わったチームもあり、今シーズンの選手名鑑は既に体を成していない。

しかし、移籍は必ずしも成功するとは限らず、加入直後に自身を欲した監督が解任されるなんて事態も特段珍しくない。そんなリスクが伴う中で、今シーズンの夏の国内間移籍が見事に成功している選手を取り上げる。

オ・ジェソク(FC東京)

オ・ジェソク

シーズン序盤はスタメン出場も多かったが、チームが3バックに舵を切った影響で適性ポジションがなくなり、以降のリーグ戦で出番は0。ベンチに入ることすらできなくなっていた。

それでも7年目を迎えていたガンバ大阪を退団することは考えていなかったが、突如として舞い降りたFC東京からのオファー。誰よりも強いガンバ愛が故に即答することはできなかったが、国内三冠を達成したときの恩師からの誘いということもあり移籍を決断した。

東京では、離脱中の小川諒也に変わって主力に定着。強みである粘り強い対人守備を武器に、首位を走るチームを守備から支えている。

長谷川サッカーを熟知し、タイトルの獲り方を知る男の加入は非常に大きかった。