浦和レッズとアル・ヒラルの対決となった今年のAFCチャンピオンズリーグ決勝。このほど、リヤドで1stレグが行われた。

敵地に乗り込んだ浦和はGK福島春樹の好セーブもあり前半を無失点で折り返す。

だが、後半15分に失点。結果的に決勝点となったゴールシーンがこれ。

左サイドからクロスが入ってきた場面。速いボールにGK福島の飛び出しが中途半端になると、DF岩波拓也も対応できず…。アンドレ・カリージョにヘディングを叩き込まれ、ゴールを奪われた。

これが決勝点となり、浦和は0-1で敗戦。埼玉での2ndレグは今月24日に行われる。