今季マンチェスター・ユナイテッドを退団して、PSGへフリー移籍したアンデル・エレーラ。

『ESPN』などによれば、フランス紙『So Foot』で古巣ユナイテッドについて語ったようだ。それによれば、こんなことも口にしていたそう。

アンデル・エレーラ

「あの素晴らしいクラブでとても満足していたよ。

サポーターたちには非常に感謝している。率直に言って、最高に幸せたっだ。

だが、あのクラブではフットボールが最も重要なこととは考えられていないと感じることもあった。

(それが何かは)言わない。自分の口からは出てこないよ。

分からないけれど、マンチェスターではフットボールが最も重要ではなかった。

(パリと)比較はしたくない。

でも、ここでは全ての面でフットボールを感じられている。それは気に入っているよ」

ユナイテッドは素晴らしいクラブで幸せだったとしつつ、フットボールが軽んじられていると感じることもあったようだ。

それ以上に重要視されていたのはビジネスなのか何なのか…。