先日ニコ・コヴァチ前監督を解任することを決定したバイエルン・ミュンヘン。

指揮官抜きの状況でUEFAチャンピオンズリーグのオリンピアコス戦を迎えることになったが、無事2-0で勝利を収めることに成功した。

新指揮官候補としてはラルフ・ラングニック氏の名前が上がっていたものの、その代理人であるマルク・コシツケが「クライアントはバイエルンの仕事に関心がない」と明かしていた。

『Guardian』などによれば、バイエルンはそれを受けて指揮官候補を「アーセン・ヴェンゲル氏を最優先に」考えることにしたという。

バイエルンは今季終了までヴェンゲル氏を指揮官に据え、来季はエリック・テン・ハーフ(アヤックス)やトーマス・トゥヘル(PSG)に任せたいと考えているとのことだが…。

【関連記事】日本マンガすごい!バイエルン公式が選手を『ナルト』にする神動画がこれ

また、他には昨季までユヴェントスを率いていたマッシミリアーノ・アッレグリ氏も候補の一人になっているものの、バイエルンはカルロ・アンチェロッティ氏が失敗したことでイタリア人を警戒しているとも。