ラ・リーガ第12節、マジョルカの久保建英はバジャドリー戦に先発出場した。

久々にスタメン起用された久保だったが、得点に絡めずに後半23分で交代。自らのミスに思わず手を振り上げたシーンがこれ(以下動画3分48秒~)。

右奥でフリーになっていたものの、そこではボールを貰えなかった久保。中に入ってパス交換をしようとしたのだが、リターンパスをミス…。

相手FWに直接パスをプレゼントしてしまう痛恨プレーに思わず手を振り上げていた。これでマジョルカはカウンターを受けてピンチに陥ったが、失点には至らず。

ただ、試合は3-0でバジャドリーが勝利。マジョルカのビセンテ・モレノ監督は「ポジティブな結果に変えていかなければいけない」としつつ、パニックになってはいけないとも述べていた。