2018年にバルセロナを退団して、ヴィセル神戸へ移籍したアンドレス・イニエスタ。

『Marca』のインタビューで様々話題について語った。古巣バルサについては、こんなことも話していたぞ。

アンドレス・イニエスタ

「(イヴァン・ラキティッチは冬に移籍しそう。彼を退団させていい?

ダメだ。個人的に彼のことを偉大な選手だと思っている。

彼がこれまでにやってきたことは素晴らしい。

今年はこれまでのように目立ってはいないけれど、彼が偉大な選手ではないということにはならないよ」

「(アンス・ファティの出現についてはどう?

とてもポジティブなものさ。彼はチャンスを掴むことができる若者だ。

大事なのはそのチャンスを生かすこと。

トップチームに入るのはとても難しい。

だから、プレータイムを得た時にはそれを生かさなくてはいけない」

イニエスタはバルサでともにプレーした経験を持つラキティッチを退団させてはいけないと述べていたそう。