先日行われたスコティッシュ・プレミアシップ第11節でセント・ジョンストンに1-0で敗れたハーツ。

その結果を受けて31日、彼らは公式サイトで31日「クレイグ・レヴェイン監督を解任した」と発表した。

クレイグ・レヴェイン氏は2014年からハーツのディレクターを務め、2017年からはトップチームの監督も兼任していた。

今季は10試合を戦ってわずか1勝という結果となっており、最下位のセント・ミレンと同じ勝点8で11位に沈んでいる。

この結果を受けてハーツの取締役会はレヴェイン氏の解任を決定し、トップチームは暫定的にアシスタントだったオースティン・マクフィーが指揮することとなった。

ただ、レヴェイン氏のディレクターとしての契約はまだ残っており、今季終了までの間はクラブの環境やユースの開発を手掛けていくという。

今季マンチェスター・シティからのローンでハーツに加わった食野亮太郎にとって、この監督交代はどのような影響を与えるのか。