イングランドフットボール界で再び問題となっている人種差別。 

2011年には当時のリヴァプールFWルイス・スアレスとマンチェスター・ユナイテッドDFパトリス・エヴラにも騒動があった。スアレスは人種差別的罵声を浴びせたとして8試合の出場停止になったのだが、その直後リヴァプールはスアレスを支持するTシャツをチーム全員で着用。

この件について、ジェイミー・キャラガーはエヴラに謝罪した。『Liverpool Echo』によれば、元リヴァプールDFグレン・ジョンソンもそれに続いたという。

『talkSPORT』に対して、こう述べたとのこと。

グレン・ジョンソン

「キャラが正しく言ったように、タイミングの全てが間違っていたと思う。

様々な機会で(ロッカールームに)Tシャツが置いてあるのは普通のことだ。チャリティ支援とかね。

あの日は特別なTシャツだった。それについてのミーティングや会話はなかった。

キャラが言ったように、ウォームアップの時に手渡されて、1人か2人が着たら全員が着なくてはいけない。

出場停止が非常に近かったので、タイミングは間違っていたと思う。

クラブは自分たちの選手のひとりを擁護しようとしたんだと思う。

僕らはそれを間違った。あまりに速く彼をサポートしようとした。

出場停止とあまりに近かったけれど、クラブ内にいる誰もがルイスが人種差別主義者だとも人種差別的になれるとも考えていなかったと思う。

もちろん、彼は出場停止になったよ。でも、自分はそういった(スアレスの差別的発言)ことは聞いたことがないので、そうだとは思わない。

当然、パトリスが嘘をついていると言っているわけではないよ。

僕はルイスととても仲が良かった。彼がそういうことをすると信じるのはとてもとても難しいんだ。

さっき言ったように自分はルイスと仲が良かった。自分は人種差別主義者とは友達にはならない。(もしそうなら)真っ先に彼に背を向けるだろう。

タイミングについては、パトリスにも謝らなければいけない」

タイミングは間違っていたとエヴラに謝罪しつつ、リヴァプールとスアレスについては擁護していたとも。