久保建英が所属するスペイン1部のマジョルカとキットサプライヤーのUmbroは7月、2019-20シーズンに向けた新ユニフォームを発表した。

だが、ここまでリーグ戦で使われたのはホームキットのみとなっている。そこで、ここでは“まだ見ぬ”アウェイ、サードの両キットをご紹介。伝統的なカラーのアウェイに比べ、サードはなかなか大胆なカラーを投入となった。

RCD Mallorca 2019-20 Umbro Away

マジョルカ 2019-20 Umbro ユニフォーム

NEWアウェイキットは定番のホワイトを基調としたデザイン。袖にはサプライヤーのUmbroを象徴するダイヤモンド柄を落とし込む。胸部分にスポンサーロゴは入っていないが、選手が着用するキットにはスポンサー「BETFRED」のロゴマークを掲出する。

マジョルカ 2019-20 Umbro ユニフォーム

背面もこのような感じでシンプルに。脇部分に垂直に走らせるレッドの差し色が、アクセントとして効いている。

マジョルカ 2019-20 Umbro ユニフォーム

パンツとソックスはどちらもホワイトを基調。パンツにはシャツと同様にダイヤモンド柄のグラフィックが入る。

マジョルカ 2019-20 Umbro ユニフォーム

コンプリートルックはこのような感じに。従来の伝統的なアウェイキットのデザインを継承している。