今季のポルトガルリーグはここまで好調な王者ベンフィカ。ここまで国内リーグは7節を消化し、6勝1敗で現在2位と好位置につけている。また、元鹿島アントラーズのカイオの入団はここ日本でも注目を集めた。

そんなベンフィカのユニフォームは、現時点でホームとアウェイの2モデルをリリース。アウェイキットはダークカラーが復活となった。

Benfica 2019-20 adidas Home

ベンフィカ 2019-20 adidas ユニフォーム

今季のホームキットは、ホワイトで縁取ったラウンドネックを採用。ベンフィカらしくてクラシック感を醸し出すこの丸襟は、15-16シーズン以来の登場となる。昨季は首周りからホワイトを排除していたが、そのためかややベンフィカらしさに欠けるデザインだった。

ベンフィカ 2019-20 adidas ユニフォーム

キットカラーのレッドはクラブの伝統だが、ホームタウンのリスボンとは無関係の色。レッドとホワイトは、1904年のクラブ誕生以前に存在した前身クラブから引き継いでいる。

ベンフィカ 2019-20 adidas ユニフォーム

コンプリートルックはこのような感じで、全体的にレトロな印象を受ける。パンツはホワイト、ソックスはレッドが基本パターンとなる。