2日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第2節で、バルセロナがインテルを2-1と撃破した。

ホームのバルセロナは開始2分に先制ゴールを許したが、後半、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスの“ワールドクラス”の2発で試合をひっくり返す!

これはえぐすぎる…。

58分、アルトゥロ・ビダルのクロスを右足ボレーで叩き込む(動画50秒~)と、84分にはリオネル・メッシのパスを完璧な持ち出しでゴール前に侵入し、決勝点となるゴールを決めてみせた(動画1分15秒~)。

今季はラ・リーガで歴史的な低調ぶりを記録したバルセロナ。しかし直近のリーグ戦では連勝を飾り、CLでもこれが初勝利となった。ここから上昇気流に乗ることができるだろうか。