プレミアリーグ第7節、リヴァプールは敵地でのシェフィールド・ユナイテッド戦に0-1で勝利した。

これでクラブ史上2度目となる開幕7連勝を達成。プレミアリーグ史上でも2005-06シーズンのチェルシー(開幕9連勝)に続く2チーム目の記録になる。

この試合ではDFフィルヒル・ファンダイクが最終ラインからの超ロングフィード一発でチャンスメイクするシーンも。それがこれ(以下動画1分30秒~)。

高いDFラインの裏に斜めに走り込んだサディオ・マネにピタリ!なんという精度…。だが、マネはこの大チャンスを決め切れず。

リヴァプールは昇格チーム相手にポゼッションでは70パーセントと圧倒するものの、なかなかゴールを奪えずに苦しんだ。ファンダイクは苦戦した理由はプレーテンポの悪さにあったと述べていた。

フィルヒル・ファンダイク(リヴァプールDF)

「間違いなくテンポの問題だった。

それと同時に相手のことも讃えなければいけないよ。

彼らは明確なプランをもっていいやり方でプレーしていた。

ここは難しい場所だし、雰囲気も凄かったね。彼ら(シェフィールドファン)も僕らにとってタフだった。

でも、最終的に大事なのは勝点3だ。だから、その点はとても満足しているよ」

リヴァプールはミッドウィークのCLで南野・奥川のレッドブル・ザルツブルクと対戦する。