この夏、インテルからPSGに電撃的にローン移籍したマウロ・イカルディ。

ただ、代理人でもある妻ワンダ・ナラの発言や、ロッカルームで孤立している説などネガティブな話題が絶えない。

そうした中、PSGの同僚であるキリアン・エムバペが彼について言及した。

『Sky』によれば、FIFAベストアワード後のインタビューでこう述べたという。

キリアン・エムバペ

「僕はイカルディをとてもいいと見ているよ。

人々は本当の彼を知ろうともせずに、ピッチ外でのことで彼のことを判断している。

個人的には彼はとても面白い、とてもシャイでもあるね。

マウロはPSGのロッカールームに足を踏み入れた。このユニフォームに全てを賭すはずさ。

最高にフィットするかは僕ら次第だ。もしそうなれば、彼は僕らのために多くのゴールを決めるはずさ」

ピッチ外のことだけで批判しており、本当の姿を知ろうとしていないと擁護していたようだ。そのうえで、フィットすれば得点を量産するだろうとも。