いよいよ開幕するラグビーワールドカップ2019。前回大会で強豪南アフリカ代表を破った日本代表は、初のベスト8入りに期待がかかる。

W杯の自国開催というせっかくの機会なので、サッカーユニフォームマニア的な視点からラグビー日本代表のジャージ(ラグビーではユニフォームより“ジャージ”が一般的)を見てみたい。

Japan Rugby Team 2019 Canterbury Home

ラグビー日本代表 ワールドカップ2019 ジャージ ユニフォーム

ラグビー日本代表のジャージ(ユニフォーム)といえば、赤と白の水平ストライプがお馴染み。これは純粋に日の丸カラーを表す。だがその理由は少々意外で、当初は単色を希望したものの他国に使われていたため、やむを得ず日の丸カラーのストライプを採用したという。

ラグビー日本代表 ワールドカップ2019 ジャージ ユニフォーム

エンブレムには日本らしく桜を描くが、これには「負ける時は桜のように美しく散る」という思いを込めている。日本人のメンタリティにマッチした格好良いエンブレムで、サッカーファンとしてはちょっと羨ましい。

ラグビー日本代表 ワールドカップ2019 ジャージ ユニフォーム

じつはラグビー代表のジャージは、画像のように胸スポンサーロゴの掲出が許可されている。この点がサッカー代表ユニフォームとの最大の違いだ。なおW杯ではスポンサーロゴは入らない。

また、ラグビー選手といえば圧倒的な体の大きさ!そんな元ラガーマン向けなのか、レプリカジャージは4L、5Lといったビッグサイズも販売されているぞ。