昨年8月以来、現役の選手でありながらカンボジア代表の実質的な監督を務めている本田圭佑。

選手としては現在フリーの状況であるが、この代表戦の期間は2022年カタールW杯アジア2次予選で同チームの指揮を執った。

結果は香港代表に1-1で引き分けると、格上バーレーン代表には善戦したものの0-1で敗戦。ホームでの2試合で勝点1しか得ることはできなかった。

ただバーレーン戦での敗戦後、本田が選手たちに向けて送った言葉が話題となっている。

本田 圭佑

「(うなだれるような仕草で)試合後はこんな風になるかもしれない。(敗戦後に)笑ったりすべきではないと思うかもしれないね。

でも君たちはハッピーになるべきだ。いいかい?君たちはハッピーにならないといけないんだ。

私は君たちをリスペクトしている。彼ら(サポーター)もだ。だから我々は『見に来てくれてありがとう』という態度を見せなければいけない。君たちは彼らの“夢”なんだよ。

(再びうなだれるような仕草を見せ)ノーノーノー。だからこんな態度じゃダメだ。サンキュー、サンキュー(という態度を見せろ)。

自分自身を誇りに思うんだ。いいか?これが“チーム”というものなんだ」

本田らしい情熱たっぷりの演説と、熱い眼差しで聞くカンボジア代表の選手たち。これは熱くなる…。

日本代表は世代を問わず試合後サポーターに一礼することは慣例となっているが世界的には珍しく、おそらくはカンボジアでも馴染みのないものであろう。

しかし本田の“魂”の言葉を受け取ったカンボジアの選手たちはその後、大観衆のもとに向かい感謝の姿勢を示していた。

ちなみにこれは本田のInstagramにアップされたもの。コメント欄にはカンボジア人と思われる方々から感動や感謝の言葉がたくさん寄せられていたぞ。

カンボジア代表は来月、敵地でイラン代表、ホームでイラク代表と対戦する予定となっている。相手は中東の強国だが“本田イズム”を継承する選手たちは世界に驚きを与えることができるだろうか。