欧州各地で行われているEURO2020予選。ワールドカップ覇者のフランスはホームでのアルバニア戦に4-1で勝利した。

国歌間違いが話題になった一戦では、アントワーヌ・グリーズマンのPK失敗も話題に。ただ、彼はこんな魅惑のプレーもやっていた!

うまっ!

タッチライン際で相手を背負う形になったグリーズマン。トリッキーな股抜きバックヒールパスで真後ろにいたリュカ・ディーニュにパスを届けてみせたのだ。相手選手が全く予期できないような見事なプレーだった。

なお、グリーズマンはPK失敗について、嫁が見ていなかったからかもね!と冗談交じりに述べていたそう。