先週末行われたアメリカ・メジャーリーグサッカーのレアル・ソルトレイク対コロラド・ラピッズの試合で凄いプレーがあったと話題だ。

前半27分、コロラド・ラピッズが左コーナーキックから大きなチャンスを迎える。

しかしそこに立ちはだかったのがソルトレイクのGKニック・リマンドだ!

ヘディングシュートをなんとか弾くと、さらにケイ・カマラのシュートを倒れたまま指先でブロック!なんという反応だ。

さらにもう一発シュートを受けるも、これも失点を逃れる!角度の問題でリマンドが止めたのかは微妙だが、実況は「サードセーブ」と叫んでいるぞ。

人間業とは思えない反応で大きなピンチを防いだソルトレイク。最終的にはアディショナルタイム6分と9分にゴールを決め、劇的な2-0での勝利を収めている。