現在アメリカ・MLSのDCユナイテッドでプレーしているが、1月にイングランド2部のダービー・カウンティに移籍することが決まっているウェイン・ルーニー。

先日行われたニューヨーク・レッドブルズ戦では、こんなプレーが大きな話題になった。

前半22分、セットプレーのポジション争いでFWクリスティアン・カセレスにガツンと一発!

VARでの判定の末にこれが退場に相当するとされ、ルーニーは24分の段階で退場になってしまった。

結局ニューヨーク・レッドブルズの方も前半終了間際にDFアムロ・タリークが退場したために10人同士となっているが…。

そして試合は後半にPKで得点を追加したニューヨーク・レッドブルズが2-1で勝利を収めている。