リオネル・メッシとともにサッカー界の2大巨頭に君臨してきたクリスティアーノ・ロナウド。

昨季レアル・マドリーを離れてユヴェントスへと移籍した彼が『DAZN』のインタビューで様々な話題を語った。お金についてはこんな話も。

クリスティアーノ・ロナウド

「自分は毎朝、何かを達成しようとする目的のためのトレーニングのアイデアとともに目覚める。単に金を稼ぐためではなくね。

ありがたいことに、自分は金には困っていない。

だから、手に入れたいのはサッカー史に名を残すことさ」

34歳になっても超人的なストイックさを維持し続けているロナウド。金のためではなく、自分の名を残すために日々取り組んでいるという。

まさに本音だろうが、もう金ならあると言ってしまえるところも彼の凄さだろうか…。