チェルシーとのUEFAスーカーカップを控えているリヴァプール。

ユルゲン・クロップ監督はオフがあまりにも短すぎるとスケジュールに苦言を呈したが、エースFWサディオ・マネはすでにチームに戻ってきた。

7月20日にアフリカ・ネーションズカップ決勝を戦ったマネは、今月10日に行われたノリッジとのプレミアリーグ開幕戦に途中出場。

しっかり休養できたのか気になってしまうが、本人的にはもう準備万端のようだ。

『fourfourtwo』によれば、会見でこう述べていたという。

サディオ・マネ(リヴァプールFW)

「自分は準備ができているよ。時間は無限にあるわけじゃないからね」

「確かに、自分はずっとプレーしている。

この7年間で20日も休んでいない。慣れているんだ」

2012年にメスからレッドブル・ザルツブルクに移籍したマネ。それ以降はほぼ休まずにプレーを続けてきたと語っていたようだ。