『L'Equipe』は14日、「元バルセロナのMFマルク・クロサスは、メキシコで銃を突きつけられたことを明かした」と報じた。

2002年にバルセロナの下部組織に加入し、トップチームに昇格した経験を持っているマルク・クロサス。

2008年にリヨンへのローンを経てセルティックへ移籍し、その後はロシアリーグのヴォルガに所属したが、2012年からはメキシコリーグに渡っていた。

サントス・ラグーナ、ウニベルシダ・グアダラハラ、クルス・アスルなどでプレーした後、2018年に現役を引退。現在はそのままメキシコに残って解説者としての仕事をしている。

彼がツイートしたところによれば、彼は13日午後に交通渋滞に巻き込まれたところ、20秒間に渡って銃を突きつけられるという経験をしたそうだ。

マルク・クロサス

「メキシコで8年間生活をしているが、昨日の午後は初めて恐怖を感じた。私は渋滞の中で強盗に銃を突きつけられた。20秒間の恐怖だった。

ここを自分の国だと思う感情は変わらない。毎日改善され続けていると信じている。そして、これをネガティブなものとして見たくはない」

幸運にもマルク・クロサスは無傷で解放されたとのことで、メキシコに対しての愛も変わらないそうだ。

【関連記事】こいつはスゲェ!本田もいたメキシコで「5人置き去りからループ」が決まる

膝の怪我のために30歳という若さでピッチを離れることになったクロサス。メキシコでは有名解説者としてブレイクしている。