今季もまた悲願のUEFAチャンピオンズリーグ優勝に届かなかったPSG。

キリアン・エムバペにレアル・マドリー移籍説があるほか、ネイマールの去就を巡る噂も絶えない。

そうしたなか、バルセロナ時代の元同僚がネイマールはバルサ退団を後悔していると明かしたという。 

『İstiklal.com.tr』によれば、現ベシクタシュのブラジル人DFアドリアーノ・コヘイアが3週間前にネイマールと電話で話したそう。

アドリアーノ(ベシクタシュDF)

「僕らはみんなバルセロナを去ったことを後悔している。

でも、ネイマールは(他の選手たちより)もっと強く思っている」

アドリアーノは2010~2016年までバルサでプレーした選手。

【関連記事】現役Jリーガーも…「バルセロナ、近年最悪の取引ワースト9」

彼を含めて退団した選手たちはそれを悔いているというが、ネイマールの場合は後悔の度合いが強いと口にしたという。