ジネディーヌ・ジダン監督が復帰したレアル・マドリー。この夏には大型補強も噂されている。

ここでは、『sportskeeda』による「レアルがベンゼマの代役にしたい候補者たち」を見てみよう。なお、31歳になった彼とレアルとの契約は2021年まである。

【関連記事】「レアル・マドリー、この夏で退団しうる3人のスター」

ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)

ロベルト・レヴァンドフスキ

現世界最高のストライカーのひとりであるレヴァンドフスキ。

バイエルン加入後、ブンデスリーガでとんでもない得点率を記録してきた。脅威のFWであり、欧州中のDFたちが恐れをなしている。

パワフルなシュート、ゴール前での正確性、確かなスピード。さらに、高さ、キッカーとしての能力まで兼ね備えている。

彼はメガチームが欲しがる人気銘柄であり、レアルのようなトップクラブのウィッシュリストにも載っていることだろう。ゲームチェンジャーになれるポテンシャルがあるだけに確保に動くべきだ。