日本サッカー協会は19日、今月行われる親善試合の日本代表メンバーから守田英正(川崎フロンターレ)が外れ、橋本拳人(FC東京)を追加招集したと発表した。

23歳の橋本は、FC東京のユースから2012年にトップ昇格。大型ボランチとして頭角を表し、2016年にはリオ五輪の代表候補に。A代表には今回が初選出となった。

橋本拳人(FC東京)

「ずっと目標にしていた場所である日本代表に選んでいただき、大変光栄です。

いつも支えてくださる方々や、これまで指導してくださった方々、そしてファン・サポーターのみなさまに感謝の気持ちを込めてプレーしたいと思います!」

【関連記事】森保ジャパンに招集なるか!「脱・長谷部」で注目される4人のボランチ

なお、守田は練習初日で右太ももを痛めたとのこと。

アジアカップに続いての離脱となるが、「また代表に呼んでもらえるようにフロンターレで頑張ります。コロンビア戦、ボリビア戦の勝利を願っています。」とのコメントを寄せている。