14日に招集メンバーの発表を控える日本代表。

今回は激闘だったアジアカップ直後ということもあり、新たなメンバー編成になる可能性も。特にチームに復帰後まだ一度もプレーしていない大迫勇也(ブレーメン)の招集外は濃厚で、その代替となるFWに注目が集まる。

そこで、先月末に開幕したJリーグで出色の働きを見せ、代表に呼ばれるかもしれない日本人ストライカーたちを特集しよう。

鈴木 武蔵(北海道コンサドーレ札幌)

鈴木武蔵

今季の成績:3試合3ゴール

昨シーズンJ1で4位に入った札幌。今季も開幕の湘南戦こそ敗れたものの、浦和とのアウェイ戦を制し、清水相手にはホームで大量5ゴールを奪い大勝した。

ジェイ、アンデルソン、チャナティップ、鈴木武蔵、岩崎、新人の檀崎と、攻撃陣の破壊力と層の厚さはJトップクラスと言っていいだろう。その中で長崎から新加入の鈴木は浦和戦で2ゴール、清水戦で1ゴールを記録している。

【関連記事】日本代表、コパ・アメリカまでに絶対に試すべき5名

南野拓実と同じ“94世代”で、U-17時代には欧州のクラブから注目されたほど。プロ入り後はなかなか殻を破れなかったが、昨年、長崎で11ゴールを記録し、今季はそれを上回りそうな予感だ。