3連覇中だったUEFAチャンピオンズリーグでショッキングな敗退を喫したレアル・マドリー。

サンティアゴ・ソラーリ監督との契約を解除し、ジネディーヌ・ジダン氏を新たな指揮官に指名した。

電撃復帰となったジダンとの契約は2022年まで。なお、ソラーリはクラブ内には残る。

再び窮地を救うために招聘されたジダン。崩壊気味となっているチームをどのように立て直すのか注目される。

そうした中、『Independent』では、「ジダンはレアルに戻るにあたり、3億ポンド(438億円)の補強費を約束された」と伝えた。

【関連記事】ジダンも!レアルとユヴェントスの両方に在籍した大物選手

この夏には最大級の巨費を投じてチームを大改造するプランがあるという。その一方でギャレス・ベイルやルカ・モドリッチには売却の可能性があるようだ。