15日、『ちびまる子ちゃん』の作者である漫画家さくらももこさんが53歳で亡くなった。

サッカー王国・静岡の清水生まれで、エスパルスとの所縁も深かったさくらさん。

代表作の『ちびまる子ちゃん』は、その清水の1970年代を舞台にした大ヒット作品で、主人公まる子はさくらさん自身、個性豊かな登場人物たちも多くが実在するという。

まる子たちが通う「入江小学校」も、実際にさくらさんが通った同名の小学校だが、その同校が過去、複数のサッカー日本代表選手を輩出していたことをご存じだろうか。

長谷川健太

長谷川健太

日本代表:27試合4得点(1989-1995)

Jリーグ創成期を彩ったスター選手。日本代表としては「ドーハの悲劇」を経験したが、指導者としてはガンバ大阪で3冠を達成するなど成功を収め、現在はFC東京の指揮官を務めている。

さくらさんとは小学校の同級生で元クラスメイト。作品に「サッカー好きのケンタくん」として登場することは有名だろう。

一方で先日、長谷川監督の妻がテレビ番組に出演し、「スポーツ万能の大野くん」も夫(長谷川健太)がモデルだったのではないかと新たな仮説を披露している。