ワールドカップ開幕を明日に控え、優勝候補が前代未聞の事態に見舞われた。

スペインサッカー連盟は13日に緊急会見を開き、スペイン代表のフレン・ロペテギ監督を解任したと発表した。

理由は昨日、ロペテギ監督が来季よりレアル・マドリーの指揮官に就任すると発表されたこと。協会は直前までそのことを知らされていなかったという。

既にスペイン代表はロシア入りしており、ロペテギ監督はFIFA公式の写真撮影も済ませていた。

スペイン代表は16日にポルトガル、21日にイラン、26日にモロッコと対戦することになっている。