16日(水)に行われたルヴァンカップのグループステージ第6節。

FC東京対ベガルタ仙台の試合に先発出場を果たした久保建英は、魅惑のスルーパスからチャンスを演出した。

※00:06から

0-0で迎えた24分、右サイドでボールを持った久保はリッペ・ヴェローゾにこのロングスルーパス!

ボールは相手選手の間を上手く抜けていくも、リッペ・ヴェローゾのシュートはGK川浪吾郎に阻まれた。

久保は51分にも相手選手2人を剥がす積極的なドリブル突破を見せた。リッピ・ヴェローゾとはU-23でともにプレーしており、相性も良さそう!

試合は0-1でFC東京の黒星。グループステージの結果は1勝1分4敗で、グループAの最下位で沈んだ。

画像提供:国内・海外のサッカーを楽しめる!「スカパー!サッカーオンデマンド」