ドイツ2部フォルトゥナ・デュッセルドルフの宇佐美貴史が、優勝がかかるニュルンベルクとのリーグ最終節でゴールを決めた。

敵地で2点を先行されたデュッセルドルフだが、37分、左サイドからのクロスを宇佐美が珍しく競り合いに勝って頭で押し込んだ。

宇佐美はこれが今季の7点目。ニュルンベルクとデュッセルドルフは勝点で並んでおり、この試合の勝者が2部の覇者に。引き分けた場合は、得失点差で勝るニュルンベルクの優勝が決まる。

試合は現在も続いている。