『Sportskeeda』は2日、「マウリシオ・ポチェッティーノ監督が来季変えなければならない3つのポイント」という記事を掲載した。

ポチェッティーノ監督が就任してから飛躍を遂げているトッテナム。プレミアリーグでトップレベルのクラブに成長した。

しかし、それでもタイトルには一歩足りない。新本拠地が完成する来季はそれが期待されるのだが…。

そのために改善すべき3つのポイントとは?

前線のターンオーバー要員を獲る

トッテナム・ホットスパー

ハリー・ケイン、デル・アリ、クリスティアン・エリクセン、ソン・フンミンの4名は、このトッテナムの前線で中心になっていた。

ケインは昨季とおなじ調子でスタートしていたし、これからもそれが続くことが期待されている。

エリクセンは司令塔として君臨し、その座が脅かされることは滅多になかった。ソンとデルはその周りでビッグゲームを勝たせる役割を担った。

しかし、彼らスター選手の他に選択肢がないという事実は目障りな問題である。

ポチェッティーノ監督は毎週末に彼らを頼ることになり、いくつかの重要な夜に期待していたようなパフォーマンスを出せなかった。

チャンピオンズリーグやカップ戦が続けば回復の時間が減少してしまう。したがって、彼ら4名の圧力を緩和できるような、質の高い選手を獲得する必要があるだろう。