『GQ』フランス版による毎年恒例のユニフォーム格付け。

「2017-18シーズン、どの欧州クラブのユニフォームが最も美しいのか」のランキングを見てみよう。

24位 トッテナム(アウェイ)

(今季からサプライヤーになった)NIKEによる2つのユニフォームは予想された色合いだ。

白のホーム、アウェイは濃紺。不満はない、成功している。脇の下の白ラインを除いては。

23位 エヴァートン(ホーム)

13年ぶりにマンチェスター・ユナイテッドから戻ってきたウェイン・ルーニー。彼はラッキーだ。イマイチなユナイテッドの新ユニではなく、レトロなトフィーズの2017-18ユニを着用することができて。

22位 ユヴェントス(アウェイ)

1984年のUEFAカップウィナーズカップで当時ユーヴェのプラティニが着用した一着を思い起こさせるような黄色のアウェイユニだ。そして、いくらかズラタン(のスウェーデン代表)っぽくもある。

21位 マンチェスター・シティ(アウェイ)

マンチェスター・シティ(アウェイ)

今季のシティのアウェイユニは、素敵なバイオレット。昨季の濃紺よりはかなり独創的だ。シティの歴史ある青は、首回りに見ることができる。

NIKEは肩の部分をボディよりも濃い色合いにする傾向があるが、それでもこのユニフォームの美しさに変わりはない。

【次ページ】『マトリックス』!?