“ポスト・ジュニーニョ・ペルナンブカーノ”や“次世代のFK職人”など、Qolyでも様々な呼び名で呼んできたのはレヴァークーゼンMFハカン・チャルハノール。その右足の精度は世界でも屈指であり、特にセットプレーの場面では多様なキックで相手GKに襲いかかる。

彼の魅力は、何よりもそのキックの種類の豊富さである。キックの種類によって助走の角度と距離を変え、変幻自在にFKを操る。目下、世界を見渡しても彼以上の素質を持つプレースキッカーを探すことは困難であり、シニシャ・ミハイロヴィッチやデイヴィッド・ベッカム、ジュニーニョ・ペルナンブカーノといったサッカー史を代表する名フリーキッカーに最も近い存在であろう。

今回は、ブンデスリーガ公式が選定したそんな彼の5つのベストゴールをご覧いただこう。まだ日本でもそこまで多くには知られてはいない選手である。先取りしていて損はないはずだ。

<FKを中心に集めた映像はこちら>

※彼の魔術にもっと触れたい方は、編集部Sが自信を持ってオススメする関連記事をどうぞ!